ホーム > 美容コスメ > 肌が乾燥してしまう原因は?

肌が乾燥してしまう原因は?

肌が乾燥してしまう原因は遺伝による先天的な病気によるもの、生活環境などから受ける後天的な原因があります。

先天的なものは親から受け継いだ遺伝子によるので消し去ることは難しく、うまく付き合っていくしかありません。

しかし、後天的なものは改善することができます。

後天的な原因は様々考えられます。

一つは入浴や洗顔で使用する石鹸によるものです。

石鹸を必要以上に使ったり石鹸成分自体が強いと肌の必要な皮脂まで流してしまいます。

また、加齢によっても角質の脂質や皮脂量が低下します。

すると肌の保護機能が弱くなるため肌が乾燥してしまいます。

バランスの悪い食生活や睡眠不足も肌が乾燥してしまう原因となります。

冬は特に乾燥しやすい季節ですが、空気が乾燥し湿度が30%以下になると肌の角質層から水分が蒸発しやすくなります。

人には角質細胞間脂質など保湿機能が本来備わっていますが、加齢や睡眠不足、食生活などの生活環境により保湿成分を作り出す力が低下します。

エアコンの風なども空気が乾燥する原因ですが、しっかり肌の保護機能が備わっていれば、肌の乾燥を防ぐことができます。

ですので、肌の乾燥を防ぐには、生活環境を見直し丈夫な肌を作ること、加齢が原因なら失われがちな保湿成分を補うことが大切です。

http://www.higashinokaze.com/

 


関連記事

初めてのヘッドスパを格安で受けました
ヘッドスパを受けた方は、気持ちがいいのでリピーターになる方が増えているそうです。...
肌が乾燥してしまう原因は?
肌が乾燥してしまう原因は遺伝による先天的な病気によるもの、生活環境などから受ける...